• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
LOGO_Brown.png
phphoZ3dG320.png
M-cafe.png
JAKC-logo-GIF-300dpi-Normal.gif


E-mail:  info@beanstalk-kc.com

〒663-0812 兵庫県西宮市甲東園1-1-6 パセオ甲東110   IDECOLABO内

©2019 by Beanstalk all rights reserved

3才のひとり遊びは成長のしるし。頑張りに気づいて応援しよう

「みんなと仲良く」にはまだ早い。ひとり遊びの時期を大切に



お友達の輪に入らないわが子が心配。親がプッシュしても無理ですか?

児童館や幼稚園で子どもたちの様子を見ていると、和気あいあいと仲良く遊んでいるグループや元気いっぱいに走り回っているグループ、いろいろな子ども達を目にすることでしょう。そんな中「うちの子、全然他の子と遊ばないんです。いつもひとりで積み木に夢中で…」というお母さんがいます。お友達と仲良くして欲しいというのはお母さんなら誰でも思うこと。実はそれには、子どもの発達上適した時期があるのです。


3才のひとり遊びは順調な成長の証。何にも心配しなくて大丈夫です

「お友達の輪に入れても、そっぽ向いてひとりで遊ぶんです」という3才のKくんのお母さん。もちろん性格的にひとりが好きな子どももいます。でもこの時期の子がひとりで黙々と遊ぶのは、むしろ順調な成長の証です。集団で仲良く遊べるようになるのは4才をすぎてから。3才児のグループをよく観察すると、一緒に遊んでいるようでも、実はそれぞれがバラバラにひとり遊びをしているのに気づくことができるでしょう。


3才はいろいろ頑張ってチャレンジする時期。頑張りに気づいて応援しよう

周囲との関わりを考えるのは前頭葉の役割です。3才はまだこの前頭葉が未発達。お友達との関わりや、人の思いを想像する力が育っていません。それにこの時期はできることが増え、何でもチャレンジしたい時期。遊びの中でも色々と考え、小さなチャレンジをしています。もちろんそんな時の集中力は絶大。大人でも集中していると呼びかけが聞こえないこともありますよね。3才は周りのことが目に入らなくて当然の時期なのです。


3才のチャレンジが人との関わりを運び、5才ごろに優しさとして花開く

ですので何も心配はいりません。むしろ順調な成長を応援してあげましょう。必要ならば手を貸して、一緒に乗り越えてもいいでしょう。できる嬉しさ、手伝ってもらえる喜びをわかっている子は、前頭葉が発達してくる5才ごろから人に優しくできるようになります。自分がしてもらって嬉しかったことを、人にもしてあげられるようになるのです。きっと思いやりにあふれた、人の気持ちに共感できる優しい子どもになるでしょう。


今日のまとめ:

3才のチャレンジはお母さんのサポートが鍵!やり遂げる喜びを味わおう


#キッズコーチング

#お母さん

#しつけ

#育児

#子育て

#ひとり遊び

#3才

#お友達

#チャレンジ

#成長